大阪新音 > 小山実稚恵「ベートーヴェン、そして…」について

小山実稚恵「ベートーヴェン、そして…」について

 小山実稚恵さんの新リサイタル・シリーズとして、2019年からベートーヴェンを中心とした3年間6回公演「ベートーヴェン、そして」が決定しました。
 ベートーヴェン生誕250年である2020年をはさみ、2019年から2021年までの3年間全6回のシリーズ。作品101からの5曲のソナタを軸に据え、プログラムとして最も美しいと思える作品で、全6回のプログラムが完成しました。ベートーヴェンとバッハ・モーツァルト・シューベルトの組み合わせによって、それぞれの作品の個性が浮き彫りになるような化学反応を感じさせるプログラムです。
 一昨年の文部大臣賞に続き、昨年は紫綬褒章を受章した、日本を代表するピアニスト・小山実稚恵が満を持して開始する新たなシリーズです。

シリーズ構成

第1回 《敬愛の歌》2019年6月23日(日曜日)14:00 いずみホール 
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番 イ長調 作品101
シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番 イ長調 作品120 D.664
シューベルト:即興曲 作品90 D899より 第1番、第2番 
シューベルト:即興曲 作品142 D935より 第1番~第4番 

第2回 《決意表明》2019年11月24日(日曜日)14:00 いずみホール
モーツァルト:デュポールの主題による変奏曲 ニ長調 K.573
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調 K.333
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番 作品106「ハンマー・クラヴィーア」

第3回 《知情意の奇跡》 2020年6月(予定)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番 変ホ長調 作品109
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988

 

第4回 《本能と熟成》 2020年11月(予定)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
                          ほか

第5回 《結晶体》 2021年6月(予定)
ベートーヴェン:6つのバガテル 作品126
バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903
モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.475
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 作品110

 

第6回 《異次元へ》 2021年11月(予定)
シューベルト:ピアノ・ソナタ第19番 ハ短調 D.598
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 作品111