大阪新音 > 松田理奈&清水和音スペシャル・デュオ

松田理奈&清水和音スペシャル・デュオ

場所
兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
日付
2018年7月19日(木曜日)
時間
19:00
料金
A4000円 B3000円(全席座席指定)

プログラム

フォーレ : 愛の夢 作品5-2
エルガー : 愛の挨拶 作品12
フランク : ヴァイオリン・ソナタ イ長調
シューマン/アウアー編:「ミルテの花」作品25より 第1曲「献呈」
シューマン : 3つのロマンス 作品94
ブラームス : ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 作品78 「雨の歌」

松田 理奈(Lina MATSUDA)violin

まつだ りな の写真東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、ドイツ・ニュルンベルク音楽大学、同大学院を首席にて卒業。
2001年第10回日本モーツァルト音楽コンクール第1位。02年にはトッパンホールで「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。04年、第73回日本音楽コンクール第1位、07年にはサラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。
これまで国内の主要オーケストラに加え、ハンガリー国立フィル、ヤナーチェク・フィル、スーク室内オーケストラ、ベトナム響など数々の楽団や著名指揮者と共演。
06年ビクターより『ドルチェ・リナ』、08年に『カルメン』、10年には『ラヴェル・ライブ』をリリース。イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲集は、「レコード芸術」特選盤に選出された。そして18年5月にはブラームスとフランクのソナタを収録した5枚目のアルバムをリリース。オフィシャルホームページ http://linamatsuda.com

清水 和音(Kazune SHIMIZU)piano

しみず かずね の写真ジュネーブ音楽院にて、ルイ・ヒルトブラン氏に師事。1981年、弱冠20歳で、ロン=ティボー国際コンクール・ピアノ部門で優勝、あわせてリサイタル賞を受賞した。
これまでに、国内外の数々の著名オーケストラ・指揮者と共演し、広く活躍している。室内楽の分野でも活躍し、共演者から厚い信頼を得ている。95年から2年にわたり行われたベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会は、その完成度を新聞紙上で高く評価された。
2011年には、ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番~第4番とパガニーニの主題による狂詩曲の全5曲を一度に演奏するという快挙を成し遂げ、16年5月には、ブラームスのピアノ協奏曲第1番および第2番を熱演。同年4月からは、年6回の室内楽シリーズ「芸劇ブランチ・コンサート」を開始、18年までの5年間・年2回のリサイタル・シリーズ「ピアノ主義」では幅広いレパートリーで聴衆を魅了している。