大阪新音 > 錦織 健ニューイヤー・コンサート ピアノ河原忠之

錦織 健ニューイヤー・コンサート ピアノ河原忠之

場所
いずみホール
日付
2019年1月11日(金)
時間
19:00
料金
S5000円 A4500円(全席座席指定)

プログラム

大中 恩 : しぐれに寄せる抒情
武満 徹 : 小さな空、 死んだ男の残したものは
O.シュトラウス : 喜歌劇「ワルツの夢」より〝静かにそっと〟
E.カールマン : 喜歌劇「マリッツァ伯爵夫人」から〝ウィーンによろしく〟
F.レハール : 喜歌劇「微笑みの国」より〝君は我が心のすべて〟 ほか

※ 演奏曲目・曲順は変更になる可能性がございます。ご了承下さい

錦織 健(テノール)Ken NISHIKIORI

国立音楽大学卒業。文化庁オペラ研修所第5期修了。文化庁在外研修員としてミラノに、また、五島記念文化財団の留学生としてウィーンに留学。
第17回ジロー・オペラ賞新人賞、第4回グローバル東敦子賞、第1回五島記念文化賞新人賞、第6回モービル音楽賞洋楽部門奨励賞受賞。
1986年「メリー・ウィドウ」カミーユ役でデビュー、以後、数多くのオペラ公演に出演。
また、ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」「交響曲第9番」、ヘンデル「メサイア」、モーツァルトやヴェルディの「レクイエム」等のソリストとして高く評価を受け、親しみやすいトークを交えたリサイタルでも、多くのファンを魅了している。この他、2000年、03年のNHK紅白歌合戦への出演や2012年より6年間NHK-FM「DJクラシック」のパーソナリティーを務めるなど、テレビやラジオ番組への出演も多い。
2002年からはオペラ・プロデュースも始め、2015年には第6弾モーツァルト作曲「後宮からの逃走」も手がけた。
CDは、ポニー・キャニオンより「恋人を慰めて」「すみれ」「砂山」「秋の月」「錦織健 日本をうたう~故郷~」「錦織健 アリアを歌う」「錦織健プラチナム・ベスト」等が発売されている。

河原忠之(ピアノ)Tadayuki KAWAHARA

日本を代表する歌手やソリストが共演者に挙って指名する人気ピアニストで、その幅広い音色,繊細な音楽表現には定評がある。
国立音楽大学卒業。同大学院修了。イタリアでアルド・プロッティ氏のもとオペラ伴奏ピアニストを務め数々の演奏会に出演。マリア・カルボーネ女史のもとでは伝統的なイタリア・オペラの表現やディクション(発声法)等を取得、サイトウ・キネン・フェスティバル等でコレペティトゥールを務める一方、指揮者・プロデューサーとしても「ラ・ボエーム」、「ジャンニ・スキッキ」、「愛の妙薬」、「シモン・ボッカネグラ」、「リゴレット」、「コジ・ファン・トゥッテ」、「魔笛」、「フィガロの結婚」、「ドン・ジョヴァンニ」、「オリンピーアデ」などで心に残る上演を牽引してきた。
国内外の第一線で活躍中の「太メン」男声オペラ歌手4人とのユニット、IL DEVUのピアノ・メンバー。
国立音楽大学及び大学院准教授,新国立劇場オペラ研修所音楽主任講師。
IL DEVU公式ブログ http://ameblo.jp/devudivo/