大阪新音 > 森麻季ソプラノリサイタル ピアノ山岸茂人

森麻季ソプラノリサイタル ピアノ山岸茂人

場所
いずみホール
日付
2019年10月27日(日曜日)
時間
14:00
料金
S5000円 A4500円(全席座席指定)

プログラム

フォーレ:夢のあとに
フォーレ:月の光
シャルパンティエ:歌劇「 ルイーズ」より“その日から”
グノー:歌劇「ファウスト」より“宝石の歌”
ビゼー:歌劇「カルメン」より“何を恐れることがありましょう”
マイヤベーア:歌劇「 ディノラー」より“影の歌”
マスネ:歌劇「 マノン」より“私が女王のように街を歩けば” ほか

曲目等は都合により変更される場合があります。予めご了承ください。

森 麻季 Maki MORI,Soprano

東京藝術大学、同大学院独唱専攻、文化庁オペラ研修所修了。ミラノとミュンヘンに留学し、プラシド・ドミンゴ世界オペラコンクール「オペラリア」等多数の国内外のコンクールに上位入賞を果たす。ワシントン・ナショナル・オペラでアメリカ・デビュー。ルイージ指揮「ばらの騎士」でドレスデン国立歌劇場に出演し、国際的な評価を得る。2015年兵庫県立芸術文化センター・オペラ「椿姫」では連日スタンディング・オベーションの絶賛を博し、2017年BCJ歌劇《ポッペアの戴冠》のタイトルロールは高く評価される。コンサートではアシュケナージ、テミルカーノフ、インバル、小澤征爾、パーヴォ・ヤルヴィ等の著名指揮者やNHK交響楽団、フランクフルト放響等の内外の主要オーケストラやドレスデン聖十字架教会合唱団と共演を重ねて成功を収める。透明感のある美声と深い音楽性は各方面から絶賛され、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のメインテーマをつとめるなど日本を代表するオペラ歌手として常に注目をあびる。デビュー20周年記念CD「至福の時~歌の翼に」をリリース(エイベックス・クラシックス)。ワシントン・アワード、五島記念文化賞、出光音楽賞、ホテルオークラ音楽賞受賞。
オフィシャル・ツイッター:https://twitter.com/makimori_sop

山岸 茂人 Shigeto YAMAGISHI,Piano

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、同大学大学院(音楽学専攻)修了。在学中に安宅賞受賞。古典から近代にわたるイタリア歌曲を嶺貞子氏に、ドイツ歌曲を佐々木成子、ライナー・ホフマン各氏より学ぶ。ピアノを川口恒子、渡辺健二、高出紘子の諸氏に、また、音楽学を船山隆、本田脩の各氏に師事。 声楽の伴奏者としては演奏家から常に深く信頼され、これまで著名な歌手と数多く共演を重ねる。現在、東京藝術大学声楽科伴奏助手、二期会イタリア歌曲研究会ピアニスト。