大阪新音 > 小林沙羅ソプラノリサイタル ピアノ河野紘子

小林沙羅ソプラノリサイタル ピアノ河野紘子

場所
兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
日付
2018年1月19日(金曜日)
時間
19:00
料金
A4000円 B3000円(全席座席指定)

プログラム

山田耕筰  この道
      あかとんぼ
              からたちの花
              風に寄せてうたへる春のうた
中田喜直  さくら横ちょう
              髪
              悲しくなった時は
R.シュトラウス  夜Op. 10 Nr. 3
                       矢車菊Op.22 Nr.1
                       セレナーデOp.7
F.レハール       「メリーウィドゥ」より ヴィリアの歌
E.カールマン   「チャルダッシュの女王」より ハイヤ!山こそわが故郷
R.シュトルツ     プラーター公園の春
R.ジーツィンスキー  ウィーン わが夢の街  ほか

※都合により曲目等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

小林 沙羅  Sara KOBAYASHI

東京藝術大学及び同大学院修了。10年度野村財団奨学生、11年度文化庁新進芸術家在外研修員。14年度ロームミュージックファンデーション奨学生。10~15年ウィーンとローマにて研鑚を積む。06年『バスティアンとバスティエンヌ』でデビュー後、東京芸術劇場『トゥーランドット』リュー、兵庫県立芸術文化センター『こうもり』アデーレ、新国立劇場『パルジファル』花の乙女等に出演。12年ブルガリア国立歌劇場『ジャンニ・スキッキ』ラウレッタで欧州デビュー、海外へも活動の幅を広げる。15年野田秀樹演出、井上道義指揮『フィガロの結婚』にスザンナ役で出演し好評を博す。17年『カルメン』ミカエラで藤原歌劇団に初出演を果たした。16年秋セカンドCD「この世でいちばん優しい歌」をリリース。2017年3月、第27回出光音楽賞受賞。藤原歌劇団団員。

河野紘子 Hiroko KOHNO

こうの ひろこ の写真桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。オーストリアで行われたK・リヒター氏のマスタークラスを受講し、ディプロムを取得。ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学のサマーアカデミーに参加。A.ヤシンスキー氏に師事し、受講生コンサートに出演。ディプロムを取得。W.リーガー氏にドイツ歌曲の伴奏法を学ぶ。ソロだけではなく、声楽、器楽や合唱などとのアンサンブルにも定評がある。また、「のだめカンタービレ」や「神童」での手の吹替、現場での指導を担当。CD「のだめオーケストラLIVE!!」では、自身演奏のショパン:エチュード Op.10-4が収録されている。これまでに、桐朋学園大学声楽部門属託演奏員、二期会オペラ研修所ピアニストとして勤務。
オフィシャルウェブサイト http://www.hirokokohno.com/