NEW

長谷川陽子ベートーヴェンチェロ・ソナタ全曲演奏会 ピアノ:松本和将

[イベント概要]

会場兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
座席表を見る(PDF)
日程 2023年5月19日(金)
時間18:30(開場18:00)
料金 一般:5,000円 会員:4,500円
チケット購入 大阪新音

[その他の販売所]

チラシ
長谷川陽子プロフィール写真

プログラム

ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第1番ヘ長調Op.5-1
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第2番ト短調Op.5-2
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番イ長調Op.69
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第4番ハ長調Op.102-1
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第5番Op.102-2

リーフレット

長谷川陽子(チェロ)Yoko HASEGAWA, Cello

色彩豊かな音色と音楽性を持ち合わせた、日本を代表するチェロ奏者の一人。
桐朋学園大学付属「子供のための音楽教室」で井上頼豊氏に師事。1987年リサイタル・デビュー。翌1988年小林研一郎指揮/日本フィルとの共演で協奏曲デビュー。桐朋学園音楽大学を経て、シベリウス・アカデミー(フィンランド)に留学。アルト・ノラス氏に師事し、1992年首席で卒業。これまでNHK交響楽団、プラハ交響楽団等、国内外の主要オーケストラとの共演多数。その他、日本各地でのソロ・リサイタルや無伴奏リサイタル、室内楽奏者としても多くのコンサートに出演し、幅広いファン層から支持を得ている。NHK Eテレ「ららら♪クラシック」や、ラジオのパーソナリティなども務めた。
2022年デビュー35周年を迎え、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ全曲演奏会は満席の観客から大喝采を浴びた。記念CDとしてリリースした「ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全曲」(日本アコースティックレコーズ)はレコード芸術特選盤に選出されるなど好評を博している。
アリオン賞審査員奨励賞、松村賞、霧島国際音楽祭賞、ロストロポーヴィチ国際コンクール特別賞、モービル音楽賞奨励賞、新日鉄音楽賞フレッシュ・アーティスト賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞等、受賞多数。現在、桐朋学園大学音楽学部准教授。
ホームページ http://yoko-hasegawa.com/

松本和将(ピアノ)Kazumasa MATSUMOTO, piano

松本 和将日本音楽コンクール優勝、全賞を受賞。ブゾーニ国際ピアノコンクール第4位、エリザベート王妃国際音楽コンクール第5位入賞。これまでにプラハ交響楽団、プラハフィル、ベルギー国立オーケストラ、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東京交響楽団、東京フィルなど、多くのオーケストラと共演。2016年より「松本和将の世界音楽遺産」と名付けたリサイタルシリーズを開始、東京公演・岡山公演を始め全国に広げている。またコロナ禍を機にオンラインでも活動も積極的に取り組みはじめ、YouTube・オンラインサロン・Twitterなどで自身の演奏動画の他深い見識に基づく解説やつぶやきなどをアップし話題となっている。これまでに2枚のレコード芸術特選盤(「展覧会の絵」「後期ロマン派名曲集」)を含む22枚のCDをリリース。名古屋音大ピアノ演奏家コース客員准教授として、後進の指導にもあたっている。
公式HP:http://www.kaz-matsumoto.com

チケット購入