NEW

辻󠄀 彩奈ヴァイオリンリサイタル ピアノ:阪田知樹

[イベント概要]

会場あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール
座席表を見る(PDF)
日程 2021年3月14日(日)
時間14:00(開場13:30)
料金 4,500円
チケット購入 大阪新音

[その他の販売所]

チラシ
辻󠄀 彩奈
重要な
お知らせ

ピアノ共演者変更のお知らせ

ピアノ共演者を阪田知樹に変更します。当初予定のエマニュエル・シュトロッセが、新型コロナウイルス感染の世界的な拡大継続により、来日困難になるおそれがあるためです。ご了承ください。
阪田知樹は、2016年のフランツリスト国際ピアノコンクールにおいてアジア人男性初の優勝者となった若き名手です。今秋の大阪新音主催のリサイタル(10月31日、ザ・フェニックスホール)でも喝采を浴びています。辻との共演にご期待ください。

プログラム

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 K.380
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第7番 ハ短調 作品30-2
権代敦彦:Post Festum ソロヴァイオリンのための 作品172(辻彩奈 委嘱作品)
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

辻󠄀 彩奈(ヴァイオリン) Ayana Tsuji, Violin

1997年岐阜県生まれ。東京音楽大学卒業。2016年モントリオール国際音楽コンクール第1位、併せて5つの特別賞を受賞。3歳よりスズキメソードにてヴァイオリンを始める。
11歳にて名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演後、多くの国内外のオーケストラと共演。

これまでに、モントリオール交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ムジカ・ヴィーヴァ、コンチェルト・ブタペスト、ベトナム国立交響楽団、NHK交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢などと共演している。

また、室内楽においては、12歳にて初リサイタルを行って以降、宗次ホール、サラマンカホール、紀尾井ホール、ザ・シンフォニーホールにてリサイタルを実施。チェロの堤剛、ピアノの江口玲、伊藤恵、エマニュエル・シュトロッセの各氏らとの共演を行っている。2017年「岐阜県芸術文化奨励」、2018年「第28回出光音楽賞」を受賞。

ヴァイオリンを小林健次、矢口十詩子、中澤きみ子、小栗まち絵、原田幸一郎、レジス・パスキエの各氏に師事。使用楽器は、NPO法人イエローエンジェルより貸与されているJoannes Baptista Guadagnini 1748である。
2019年4月、ジョナサン・ノット指揮/スイス・ロマンド管弦楽団とジュネーブおよび日本にてツアーを実施し、その艶やかな音色と表現により各方面より高い評価を得た。現在、フランスと日本を拠点に活動の幅を拡げている。

阪田知樹(ピアノ) Tomoki Sakata, Piano

阪田知樹2016年フランツ・リスト国際ピアノコンクール(ハンガリー・ブダペスト)第1位、6つの特別賞受賞。第14回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにて弱冠19歳で最年少入賞。

第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、聴衆賞等5つの特別賞、クリーヴランド国際ピアノコンクールにてモーツァルト演奏における特別賞、キッシンジャー国際ピアノオリンピックでは日本人初となる第1位及び聴衆賞受賞。国内はもとより、世界各地20カ国で演奏を重ね、国際音楽祭への出演多数。幼少期より作編曲にも傾注、近年は委嘱を受け、初演の機会に恵まれている。

2020年3月、世界初録音を含む意欲的な編曲作品によるアルバムをリリース。東京藝術大学を経て、ハノーファー音楽演劇大学ソリスト課程ピアノ科に在籍。「コモ湖国際ピアノアカデミー」の最年少生徒として認められて以来、イタリアでも研鑽を積む。江副記念リクルート財団、ロームミュージックファンデーション奨学生。2017年横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞。

チケット購入